植物工場とは

植物工場とは?

最近、スーパーなどでも植物工場で生産された水耕栽培の野菜を目にする機会が増えてきました。

目次

1. 植物工場とは?

植物工場とは、施設内の温度、光、CO2、培養液などの環境を自動制御し植物にとって最適な状態に保ち、季節や天候に左右されることが無く野菜を計画的に安定して生産できる栽培施設の事。

「エクセディエコ」では、完全密閉の人工光(LED)利用型栽培室と太陽光と人工光(LED)の併用型栽培室の 2つの種類の部屋で水耕栽培で野菜の生育を行っています。

2.農業の抱える問題点

農業就労人口と年齢

(農林水産省データより)

1)就労人数の減少と高齢化

  • →65歳以上が「65%以上」
  • →次世代の担い手がいない。

2)食生活の変化

  • →外食の増加

3)天候不順(台風・猛暑・・など)

3.植物工場の種類と推移

1)植物工場の種類

  • ①人工光型:
  • 閉鎖環境で太陽光を使わず人工光(LED又は蛍光灯など)を活用し、生育環境を制御して栽培を行う施設
  • ②太陽光型:
  • 温室等の半閉鎖環境で太陽光を利用して、生育環境を制御して栽培を行う施設
  • ③併用型:
  • 太陽光利用型のうち、人工光で補光を行い生育環境を制御して栽培を行う施設

植物工場の推移

(一般社団法人日本施設園芸協会より)

※1:2016年太陽光型減少理由集計方法を変更
1ha以上で水耕栽培のみの施設数

2)植物工場の推移

  • ①農地法の緩和などで新規参入が行いやすくなった。
  • ②安定生産・安心安全・などで企業の参入が増加!

Page UpSite map

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright © EXEDY Electric Facilities Co., Ltd. All Rights Reserved.