エクセディ 65年の歩み

エクセディ 65年の歩み

1950年代 矢形方向指示器・防振型クラッチディスク・コイルスプリング式クラッチカバー

  • 1950年 株式会社大金製作所設立

1960年代 カズマチック・ダイヤフラムスプリング式クラッチカバー・ダンパーディスク

  • 1963年 本社を寝屋川市に移転
  • 1967年 アメリカシカゴに駐在員を派遣

1970年代 オートマチックトランスミッション用インナーパーツ(ATP)・トルクコンバータ・パワーシフト・トランスミッション

  • 1973年 大金・アールエム(株)設立 (現(株)ダイナックス)
  • 1975年 上野工場を開設
  • 1977年 ダイキンクラッチUSA設立 (現 エクセディグローバルパーツ)

1980年代 サイレントディスク・DST式クラッチカバー・プルタイプクラッチカバー

  • 1981年 川越工場を開設

1990年代 ハイドロダンプ・ユニティクラッチ・WAD・フリクションフェーシング

  • 1995年 社名の変更大金製作所からエクセディへ
  • 1996/1997年 大証一部へ指定替え東証一部上場

2000年代 スポーツ用クラッチ・二輪車用クラッチ・MotoGP用クラッチ

  • 2008年 企業内保育園「A Kiddyland」を2008年10月、本社内に設立。
  • 2009年 MotoGPに参戦するFIAT YAMAHA TEAMに乾式多板クラッチを提供

2010年代


Page UpSite map

  • 新卒採用情報
  • アフターサービス
  • EXEDY RACING CLUTCH
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright © EXEDY Corporation All Rights Reserved.