ゼロディフェクト活動

品質

ゼロディフェクト活動

 当社グループでは「工程内不良をゼロにすれば、納入クレーム・市場クレームもゼロになる」との考え方で、ゼロディフェクト(不良ゼロ)活動を推進しています。
この活動は製造部門だけでなく、設計部門、生産技術部門、品質管理部門、検査部門、その他関連部門も参画しており、全社を挙げて「ゼロディフェクト」を達成するべく日々取り組みを実施しています。
活動の進捗については定期的に経営TOPへ報告を行い、活動メンバーのモチベーションを高めています。

AT 専務報告会

MT/TS 専務報告会

ASA ZERO活動

 当社グループでは、ゼロディフェクト活動の一環として発生する不良に対し迅速な処置判断、発生対策を実施するために、日々「ASA ZERO活動」を行い、関係部門(製造部門、生産技術部門、品質管理部門)によるパトロールを実施しています。
また、この活動はグローバルに展開しており、世界中の当社グループ拠点で「ゼロディフェクト」を達成するための活動を行っています。

「品質月間」の取組み

 当社グループでは、毎年11月の品質月間に、全従業員の品質意識向上に繋がる全社テーマを選定し、活動しています。各本部の本部長が自本部部員に品質講話を行う事で当事者意識を高め、直接・間接部門 共に「ゼロディフェクト」を達成できるよう活動を進めています。

変更点管理ハンドブック

 「変更点※1管理ハンドブック」は、品質方針で定めた「ゼロディフェクト」を達成し、”不良ゼロが当たり前の会社”にするための手段である「変更点管理※2の徹底」を、より確実に実行する事を目的として、2014年7月に初版発行、国内外関連会社を含む全従業員に配布しています。 同年8月には、国内協力企業270社以上にも配布。「変更点管理」を適切に行うためのツールとして有効活用して頂いています。

本ハンドブックは、日本語だけでなく、英語、ポルトガル語、中国語、タイ語、スペイン語、インドネシア語、ハンガリー語、ベトナム語、マレー語の10言語に対応しており、海外関連会社の現地従業員や協力企業様にも配布し、グローバルで「変更点管理の徹底」の強化を推進しています。

 決められた製造条件で継続的に生産し続けることができれば良いですが、製造工程には必ず変更点が発生します。そこで、変更前後の品質水準が同等以上である事を確認した上で生産を開始する事が必要になってきます。
「変更点管理ハンドブック」は、より分かり易い基準で

  • 変更点の種類
  • 変更に対しての懸念事項
  • 対応方法

を明記しており、変更点が発生した際のガイドラインとなっています。

 本ハンドブックは2年に1回の頻度で更新しており、ハンドブックを使用している各社からのフィードバックを反映し、より良く使いやすいものにしています。

※1 変更点とは?
当初の生産計画に対し、製品をつくる環境に関わる4Mに変更が発生する事があります。こういった変更の事を「変更点」と呼んでいます。

an:人 … 通常の作業者が休む事によって、不慣れな作業者が入る時 等

aterial:材料 … 製品の原材料が変わる時 等

achine:設備 … 設備の入替えや、大掛かりなメンテナンスを実施し再稼働する時 等

ethod:方法 … 作業手順や、加工方法に変更が入る時 等

※2 変更点管理とは?
変更によって発生する様々な不具合を未然に防止する為に、事前に品質に問題ないかを検証、確認し、履歴管理することを言います。


Page UpSite map

  • 新卒採用情報
  • アフターサービス
  • EXEDY RACING CLUTCH
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright © EXEDY Corporation All Rights Reserved.