安全衛生活動

安全衛生

安全衛生活動

「健康なくして安全なし、安全なくして企業の存続なし」の考えに基づき、「ゼロ災」の達成に向けて従業員の安全を確保する活動を推進しています。

全従業員対象の「安全人間づくり」

会社方針の「安全・品質・ドンピシャ・コスト」。何事においても安全を最優先に品質、ドンピシャ(納期・数量)、コストの優先順位で判断することが結果的にはコストが一番かからない、という弊社グループの基本の考えです。

取り組み

安全基礎教育

社内講師による教育/巻込まれ体感機

安全に作業を遂行できる従業員=安全人間の育成に必要なのは

  • 安全ルールを熟知した人づくり
  • 危険予知能力の高い人づくり
  • 不安全、異常があれば止められる人づくり
です。

実際の現場で絶対に安全第一で作業が出来るよう、事前に危険を予知し未然防止できるよう、座学による安全教育と、実際に発生した事例を基に作られた17種類の体感機が設置されている安全道場での実技を含めた教育で構成されている研修です。この講座で合格し、安全人間として認定されると、「安全人間認定証」が配布されます。2017年度は、年間29回実施し、従業員への安全教育を行いました。また、社外から要請に応じ同様の研修を実施させて頂いた結果、非常に高い評価を頂いております。

また、2018年に、高所作業時の安全作業を更に徹底できるよう、高所作業訓練室を新設しました。

普通救命講習

2012年から実施している社内普及員による普通救命講習Ⅰの受講者は、のべ1000人を超えました。社内だけでなく普段の生活でも、エクセディ社員が周囲の方々の命を守れるよう、これからもこの活動を推進して参ります。

リスクアセスメント講習

作業場の安全環境改善を推進するためリスク部会を設置し、危険箇所を事前に洗い出す活動を行っています。

取り組み(海外)

グローバル安全サミット

当社グループ全体の安全意識を高めることを目的に年に1回、エクセディグローバル安全サミットを開催し、各社の災害事例の共有、相互点検活動を実施し、自社展開をしています。

グローバル安全インストラクター研修

海外関連会社から安全スタッフや工場責任者を招集し、全社共通の安全衛生活動を展開するための安全インストラクター研修を年に3回開催しています。中国語、英語等に対応しています。

海外現地現物活動

海外拠点への災害防止のための重点活動を年に2回行い、安全に関する指導全般を行っています。

各種訓練と教育

当社グループでは、災害の未然防止および、有事の際には被害を最小限におさえるため、訓練や教育を日常から行っています。

各種訓練

全社震災訓練

毎年3月に全社参加型の震災訓練を実施し、緊急時でも冷静かつ円滑に対応できる体制づくりを行っています。第1部では自衛消防本部を設置し、避難・被災者の救護、消火活動を行う訓練を行い、第2部では、災害対策本部を設置し、被災状況の収集、整理、報告、生産再開計画の作成を行う訓練を実施しています。

消火訓練

震災訓練他、新入社員・中途採用者対象の消火訓練を随時行っています。

自衛消防隊

国内拠点と営業所に自衛消防隊を設置しています。図上訓練や可搬式ポンプ訓練など、定期的に訓練を行っています。また、社内の防火委員は年に2回開催されている社内講座「防火/防災知識」講座を受講し、防災知識の基礎固めをします。

関連企業での避難教育(エクセディ物流)


訓練の様子

避難訓練への理解が浅い人たちを対象に、非常ベル・消火器・消火栓の場所確認や、防火シャッターを実際に閉める体験、避難誘導灯(避難扉)の確認を行った後、避難実技を行い、有事に備えています。

海外拠点の訓練

エクセディダイナックス上海では、2016年12月2日にアンモニア漏れを想定し、現地消防支隊の消防車2台と消防員9名と共同で消火訓練を実施しました。

放水訓練

避難訓練

教育

交通安全講習

交通安全啓発活動の一環として任意参加で、警察署や教習所より講師を招き 本社では3回/年交通安全講習会を開催しています。 毎回200名を超える参加となり、自動車運転のみではなく自転車のルールや 自動2輪運転時の保護具の紹介など、多岐に渡って開催しています。


Page UpSite map

  • 新卒採用情報
  • アフターサービス
  • EXEDY RACING CLUTCH
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright © EXEDY Corporation All Rights Reserved.