電動化対応ダンパー

製品の搭載位置

特徴

パラレル走行時のこもり音を抑制

低剛性ダンパーを採用することによりエンジンの回転変動を高効率に減衰。
それによりパラレル走行(エンジンとモータの両方を動力として走行する)時のこもり音を抑制する。

エンジン始動 & 停止時の車体振動を抑制

ばねと摩擦材を車両に合わせた最適設計を行うことができる。
それによりエンジン始動 & 停止時に発生する大きな回転変動を減衰させて車体振動を抑制する。

過大トルク入力からシステムを保護

トルクリミッター機構を採用することにより過大トルクが発生した場合でも、トランスミッション、ジェネレータなどを保護する。


Page UpSite map

  • 新卒採用情報
  • アフターサービス
  • EXEDY RACING CLUTCH
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright © EXEDY Corporation All Rights Reserved.