技術・製品情報

エクセディの製品とその技術は、
世界のカーメーカーから
高く評価され、
広く純正採用されています。

未来に向けての製品開発

ダイレクトドライブiSG

ダイレクトドライブiSG

当社が取り組む電動化技術の一端として、ベルトを介さずにエンジンをダイレクトドライブするiSG (integrated Starter Generator) を自主開発している。一般的に、市販車に搭載されているベルト駆動の発電機としては、発電と駆動の両方に使うスタータジェネレーターが知られているが、当社が開発している「ダイレクトドライブiSG」は、クラッチやトルクコンバータの外周にスタータジェネレータをセットし、ベルトを介さずにエンジンとダイレクトに繋がる構造が特徴である。これにより、フリクションロス低減による燃費向上、統廃合によるコスト低減、スペース面での優位性を狙っている。

電動化対応ダンパー

電動化対応ダンパー

環境報告について
低剛性ダンパーを採用することによりエンジンの回転変動を高効率に減衰。それによりパラレル走行(エンジンとモータの両方を動力として走行する)時のこもり音を抑制する。
エンジン始動 & 停止時の車体振動を抑制
ばねと摩擦材を車両に合わせた最適設計を行うことができる。それによりエンジン始動 & 停止時に発生する大きな回転変動を減衰させて車体振動を抑制する。
過大トルク入力からシステムを保護
トルクリミッター機構を採用することにより過大トルクが発生した場合でも、トランスミッション、ジェネレータなどを保護する。